文字サイズ

ホーム > 最新情報一覧 > 【JIRCAS】国際農研-CCFS研究会ワークショップ 「気候変動とコロナ禍の食料需給への影響-不確実性下のフードセキュリティ-」(12/17)のご案内

【JIRCAS】国際農研-CCFS研究会ワークショップ 「気候変動とコロナ禍の食料需給への影響-不確実性下のフードセキュリティ-」(12/17)のご案内

国際農林水産業研究センター(JIRCAS、国際農研)では、12月17日(金)に世界経済動向分析に関するワークショップを開催いたしますのでご案内いたします。ご関心ある皆様へのご周知方、どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ

「気候変動とコロナ禍の食料需給への影響 -不確実性下のフードセキュリティ-」

世界の平均気温は、18世紀半ばの産業革命前に比べて約1.2℃上昇し、特に1980年前後からその上昇率が急激に増加しました。2021年5月に世界気象機関は、次の5年以内に一時的に年間平均気温が産業革命期よりも1.5℃以上上昇し、パリ協定の気温上昇抑制ターゲット下限に達してしまう可能性を指摘しました。気温上昇は異常気象の頻度増加をもたらし、食料栄養安全保障に甚大な影響を及ぼす可能性があります。
 このような温室効果ガス濃度の上昇に伴う気候変動が、どのような影響を食料生産に与えるのか、これまで多くの研究者が様々なモデルを用いて分析してきました。それぞれ重要な研究であり、気候変動への対策立案に寄与してきましたが、その適応策採用が生産者に負担させる費用、気候変動が将来の栄養摂取量へ与える影響などの研究は非常に少ないです。
 そこで、国際農研および科研費で実施されてきたプロジェクトの成果を基に、気候変動への適応費用と、気候変動が食料あるいは各栄養素の供給に与える影響に焦点を当て、これまで得られた成果を気候変動が農産物市場に与える影響に興味をお持ちの方々と共有したいと思います。さらに、昨年来大きな問題となっているCOVID-19感染拡大が、将来の食料供給に与える影響についても報告いたします。
 このワークショップを通じ、気候変動と不確実な事象であるCOVID-19感染拡大の下での農産物生産と市場の分析への理解が深まり、フードセキュリティと気候変動対策への意識が高まることを期待いたします。

主催

国際農林水産業研究センター、CCFS研究会

日程

2021年12月17日(金)11:30~16:15 (11:00開場)

形式

オンライン(Zoom)

参加申込

下記参加申込フォームよりご登録下さい。
  https://www.jircas.go.jp/ja/workshop/2021/e20211217/entry

申込締切

2021年12月16日(木)17:00

プログラム

下記URLをご参照下さい。
  https://www.jircas.go.jp/ja/workshop/2021/e20211217

お問合せ

国際農研-CCFS研究会ワークショップ事務局
  E-mail: jircas-ccfs@ml.affrc.go.jp


カテゴリ: お知らせ |掲載日: 2021年12月10日