文字サイズ

ホーム > 最新情報一覧 > 【JIRCAS】国際シンポジウム2019「植物の越境性病害虫に立ち向かう国際研究協力〜SDGs への貢献」

【JIRCAS】国際シンポジウム2019「植物の越境性病害虫に立ち向かう国際研究協力〜SDGs への貢献」

国際農林水産業研究センター(JIRCAS)では、国際シンポジウム「植物の越境性病害虫に立ち向かう国際研究協力〜SDGs への貢献」を開催いたしますのでご案内いたします。ご関心ある皆様へのご周知方よろしくお願いいたします。

開催趣旨

世界の作物生産の20〜40%が植物病害虫によって失われていると推定され、日本を含む世界の食料安全保障にとって最大の脅威です。近年の気候変動と 地球温暖化、人や物の世界的移動は、国境を越えた植物病害虫の蔓延の原因となっています。植物の越境性病害虫問題の世界的な関心の高まりを受け、本年4 月に日本で開催されたG20 首席農業研究者会議(MACS)では、気候変動と並んで重要なテーマとなりました。さらに国連は来年、2020(令和2)年を「国際植物防疫年」に定め、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けたこの問題の重要性を強調しています。
国際農研(JIRCAS)は、日本の農林水産業研究分野での国際貢献と連携の中核的な役割を担っています。国際的な共同研究、連携・協力を通じて、SDGs の達成へ貢献しています。開発途上地域における農林水産業の様々な課題解決に取り組んでおり、熱帯や不良環境地域での越境性病害虫の防除に向けた国際共同研究プロジェクトも実施しています。
今回のシンポジウムでは、地球規模課題を解決するSDGs への貢献という視点から、植物の越境性病害虫に関連する分野の最前線で活躍する専門家・研究者の講演、討議を通じて、今後の有効な国際研究協力のあり方を探ります。

日時

2019年11月26日(火)13:00~17:30(受付開始 12:30)

場所

つくば国際会議場中ホール200
 (茨城県つくば市竹園2-20-3)
 アクセス:https://www.epochal.or.jp/access/index.html

プログラム

詳細プログラムはこちら
  https://www.jircas.go.jp/ja/symposium/2019/e20191126

●開会セレモニー(13:00- )
●基調講演(13:20- )(演題、講演者)
・越境性植物病害虫との戦いに関する最近の課題と病害虫に対処する農民を支援 するFAOの戦略
  Jingyuan Xia (国際植物防疫条約 事務局長)
・越境性植物病害虫管理に関するCABIの経験:植物の健康システムの強化と助言 の重要性
  Ulrich Kuhlmann(CABIグローバルオペレーション 事務局長)
●セッション1:越境性重要害虫(14:20- )
●セッション2:越境性重要病害と検疫(15:45- )
●パネルディスカッション(16:45- )

参加費

無料(日英同時通訳)

参加申込

下記のフォームよりお申し込みください。
 https://www.jircas.go.jp/ja/form/intlsymp2019

申込締切

2019年11月18日(月)17時(当日受付有)

同日開催:「若手外国人農林水産研究者表彰(Japan Award)」受賞者表彰式及び受賞者講演

URL: http://www.jisnas.com/news/482.html

同日10:00~11:30(受付9:30~)に、同会場において、「若手外国人農林水産研究者表彰(Japan Award)」受賞者表彰式及び受賞者講演が開催されます。ご参加を希望される方は上記参加申込より同様にお申込みください。


カテゴリ: お知らせ |掲載日: 2019年11月12日